くっきりだったほうれい線が、薄くなりました。

2015-09-16_072624

20代の頃は鏡を見ながらメイクをするのが、楽しくて仕方がありませんでした。しかし40代に突入してからは、鏡を見る前に心の準備が必要になってきてしまいました。
以前は大きな口を開けて笑っても、ほうれい線は全く目立ちませんでした。しかし最近は笑った後にほうれい線がくっきりと刻まれるようになり、鏡を見るたび落ち込みます。

 

ほうれい線がこれ以上深くなれば、見た目年齢は更に高くなってしまうでしょう。やはり私も女性なので、年齢よりも若く見られた方が嬉しいです。
そこで購入したアイテムが、マリアンナプラス豊麗です。朝晩のスキンケアの一番最後にほうれい線や目の周りに馴染ませたら、最後に薬指で優しくタッピングをして馴染ませています。

 

乳液とクリームの中間のようなテクスチャーでとても伸びが良く、角質層に溶け込むように浸透してくれます。しっとりと潤いベタベタしないのが、良いですね。2大有効成分のαーリポ酸とコエンザイムQ10 が萎んでいた肌を内側からぐいっと持ち上げ、ピンとしたハリと弾むような弾力を与えてくれます。

 

マリアンナプラス豊麗を使用するようになってからは、くっきりだったほうれい線がふっくらとして目立たなくなったので、大変喜んでいます。

 

 

目の周りのこじわ

20代後半から目の周りのこじわに悩まされています。
目元専用美容液などを使っていたこともありますが1本使い切っても効果がいまいち分からなかったり
また、金額的にも続け辛かったりして使わなくなってしまっていました。

 

最近、新たに手軽に出来る小じわ対策を教えてもらったので試してみたところ1回で肌がふっくらした実感があり1週間で小じわが目立ちにくくなったのでその方法をご紹介します。

 

用意するものは普段お使いの化粧水、美容液、保湿剤(乳液など)、コットンの4つです。基本的に皆様普段からお使いだと思うので新たに買い足すものはないのではないでしょうか。
美容液をお持ちでない方は、顔全体用として1本持っておくと便利です。目元用、顔全体用と分ける必要はありません。

 

①普段通り化粧水をたっぷりつけます。
②普段通り美容液をつけます。
③コットンに化粧水をしみこませ
 薄く剥がし、乾燥や小じわの気になるところにはりつけます。
④5分くらいしたら顔から剥がし、お使いの保湿剤で保湿して完了です。

 

化粧水→美容液→化粧水という手順で美容液を挟むことがポイントです。美容成分がよりしみこみやすくなり、また保湿効果もアップします。

 

コットンを貼るのは顔全体でも勿論よいですし私は気になる部分だけにしています。

 

これを、週に1度の特別スキンケアとして曜日を決めてやることをオススメします。時間のある方は勿論毎日することでより効果を実感できます。

 

お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です